スマホやタブレットを快適に使う際に気になるsimカード関連の気になること

simカードは自分の携帯電話にも使える?

2018年03月26日 15時46分

簡単にsimカードの基本をご紹介しましたが、「いま持っている携帯電話にもsimカードは使える?」と
疑問に思われる方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで先ずは、今のようにsimカードが使用されるようになった歴史背景について、簡単にご紹介していきます。
今でこそ当たり前のように使用されているsimカードですが、その歴史は25年ほど前の第2世代(2G)の携帯電話規格「GSM」が
欧米を中心に普及した時代にまで遡ります。
ただし、この時期の日本ではGSM自体がサービスとして取り扱われておらず、GSMの後継規格を採用し始めたのは
2Gから3Gに移行した2000年代に入ってからのことです。
それ以前の時期に使用されていたICカードは、実際にはUIMカードと呼ばれるものですが、現在ではこれらのタイプも含めてsimカードと呼ばれています。
また、日本の大手通信キャリアで契約を行うと専用のsimカードを貸出されるのですが、simカードの呼称は各通信キャリアによって異なります。
このように、今では当たり前のようにsimカードを手に入れられる時代になりましたが、
携帯電話やインターネットの普及に伴いsimカードは徐々に需要を増やしてきたといった歴史があったのです。
そして現在、私たちが使用しているスマホやタブレット端末は、simカードを使用することで気軽にデータ通信や音声通話を楽しめるようになりました。
尚、タブレット端末の中にはsimカードを入れるためのsimカードトレイがなく、wifi機能を利用してインターネットを楽しむ端末もあります。
simカードトレイがある端末の場合でも、MVNO事業者が販売する格安simカードやプリペイド型simカードを使うためには、
必ず「simフリー」や「simロック解除済み」の端末を使用する必要があります。